一般社団法人日本ビジネスプロセス・マネジメント協会

「BPM推進のステップとキーポイント」(BPM推進フレームワーク解説書)ダウンロード

日時
会場

参加費  
定員
申込受付中
注意
対象  
主催
共催
協力
内容 「BPM推進のステップとキーポイント」は、BPM推進フレームワークの解説書として作成されました。

《内容紹介》
ビジネス・プロセス・マネジメント(BPM)は事業や業務がよい成果を上げるための仕事の仕組み・仕掛けであるビジネス・プロセスを企画・開発作成・運用し、その結果から全社的な最適化や部分的な改善を行う一連の活動を繰り返すことで事業・業務を進化させる、注目すべきマネジメント機能です。
一方で近年の成熟した社会では、企業の提供価値と消費者の思考や行動を合致させることの重要性が飛躍的に高まり、この状況に対応していくためには、これまでの組織の枠を超え、グローバルなオペレーション全体の可視化・最適化までを視野に入れた取り組みが求められ、改めてビジネス・プロセス・マネジメント(BPM)の手法の重要性が認識されています。
本書は、BPMを推進するための三つの輪で構成される改革のサイクルと、11のステップを定義し、具体的な進め方をガイドしています。

《目次構成》

第I章 三つの環の関連と推進ステップの流れについて
1 BPMを推進する三つの環(サイクル)
2 BPMの推進の前提となる三つのキー
3 BPMを推進する11のステップ

第II章 各ステップの説明

第1部 プロセス改革推進(初期計画)
P1 改革テーマの抽出 〜プロセス改革と戦略を結びつける〜
P2 BPMプログラムの組織化 〜BPMを推進する組織をつくる〜
P3 成果目標の設定 〜戦略の目標とBPMの目標を整合させる〜

第2部 プロセス開発
ステップ1 個別プロジェクトの設定と計画 〜「プロジェクト計画書」を作り共有化する〜
ステップ2 現状分析〜対象ビジネス・プロセスの現状を分析し課題を設定する〜
ステップ3 再設計 〜最適なプロセス設計案を創出し合意する〜
ステップ4 実装と配備 〜新プロセス設計案を自動化し、業務への適用を準備する〜

第3部 プロセス・オペレーション
ステップ5 適用 〜プロセスに基づきオペレーションし、成果を上げる〜
ステップ6 最適化 〜KPI目標の実現に向けてプロセスを最適化する〜

第4部 プロセス改革推進(再計画)
ステップ7 実績の評価 〜ここまでのBPMの成果を確認する〜
ステップ8 BPMプログラムの再構成 〜次のステージに進化する新たな計画を立てる〜

第III章 応用事例
付録
参考文献
用語

このBPM推進フレームワークの内容を解説したBPM入門セミナーは、こちらから→http://www.bpm-j.org 
備考  
はじめての方は「申込」ボタンをそのままクリックしてお申し込みください。ログインIDをお持ちの方は一度ログインしてから「申込」ボタンをクリックしてお申し込みください。


ログインID/パスワードをお持ちの方は下記ボックスにログインID、パスワードを入力してログインしてください。
ログインID :
パスワード :
ログインID/パスワードをお忘れの方はこちら

お問合わせ

日本BPM協会  横川・田窪
03-3434-3545   
toiawase@bpm-j.org
東京都港区芝公園3丁目1-22 日本能率協会ビル1階